江戸東京博物館で
4月9日(日)まで開催の
「江戸と北京―18世紀の都市と暮らしー」の内覧会へ。
江戸と北京の生活を比較する興味深い展示でした。

日本橋を描いた「熈代勝覧」と
清朝の乾隆帝が80歳を迎えた際の祝賀の様子を描いた
「乾隆八旬万寿慶典図巻」(日本初公開)が
じっくり見られます。

IMG_0538


本当に描写が細かくて活き活きとしていて
ずーっと眺めていても飽きません。


商売、歳時、学、装など様々なテーマで江戸と北京を比較。
IMG_0558



IMG_0624





刺繍の技巧ひとつとっても似ているようで違っていたり。
北京の子供アイテムのデザインがめっちゃ可愛かったです。
虎の帽子…!
IMG_0567



映像コーナーの江戸城、
紫禁城再現CGも見応えありました。

こういった同時代の違う国との文化比較という
展示はなかなか珍しいような気が・・。
行く前は正直
どんな内容なのかな〜と思っていたのですが
かなり面白かったです。



※博物館から特別な許可を得て撮影しています。