kimono-cq

パナソニックの
光美容器 光エステ<ボディ&フェイス用>ES-WP80
をモニターで使用しています。

rip-body00-TOP


発売日:2018年3月21日(水)
価格:オープン価格



シンプルなデザインで
持ちやすく、操作も簡単。
IMG_2877


レベルを設定して
肌に押しあてていくだけで
簡単に照射できます。
レベルも肌の色にあわせて
おすすめしてもらえるので安心!

最初の2か月は2週間に1回程度、
以降は4〜8週間に1回が目安ということで
正直、剃ったり抜いたりするよりもかなり楽でした。
IMG_2878


照射しはじめて1か月程度ですが
かなり効果を実感しています。
個人的には顔用のアタッチメントがとても気に入りました。
顔のムダ毛ケアをしながら美肌ケアもできるというものなのですが
アタッチメントの付け替えも簡単。
IMG_2868


ランプ交換不要・照射回数約30万回なので
サロンに通うよりも断然経済的だと思います。




パナソニックビューティのキャンペーンに参加中[PR]

もう先月ですが
桜が一気に咲き始めたので
慌てて桜の着物を。

IMG_1277




IMG_1278


帯と半襟も桜にしました。
IMG_1279

大正製薬の
「コパトーン パーフェクトUVカットジェルクリームll」を
モニターで使用しています。


1.すぐ赤くなり、黒くならない方にぴったりの日やけ止め
スキンタイプに合わせて選べるのですが

2. 赤くなってから黒くなる方にぴったりの日やけ止め

3.赤くならずに黒くなる方にぴったりの日やけ止め

という3タイプがあるのですが
私が使用しているのは
2.の赤くなってから黒くなる方にぴったりの日やけ止め
コパトーン パーフェクトUVカットジェルクリームl(顔・からだ用)です。
IMG_2259


日やけ止め効果はSPF50+/PA++++、
ウォータープルーフで汗・水に強い上に
スキンタイプに合わせたうるおい保護成分を配合というのが嬉しい。

IMG_2260



やわらかめのテクスチャで
べたつきがなく
肌にのばしやすいです。
白残りしないので
顔とからだ両方に使っています。

IMG_2268



持ち歩きしやすいサイズなので
外出時にも便利。
一日外にいる日に
3時間おき位に首や手など焼けやすいところに
塗りなおして使用したのですが
かさつくこともなく、日焼け止め効果を実感しました。





大正製薬のキャンペーンに参加中[PR]

江原道の
「江原道 アクアファンデーション」を
モニターで使用しています。

rip-body00-1

2018年4月1日(日)リニューアル発売
容量:30ml
価格:4,600円(税抜)
全10色 SPF25 PA++


IMG_2270


スリムなボトルで持ちやすく、
テクスチャはやわらかめ。
のびがよいので
少量でも肌をしっかりカバーできます。

4種の光パウダーで
カバーしつつも厚ぼったくなりません。
保湿成分「ブルターニュ産海塩水」や
肌にハリを与えるエイジングケア(うるおい)成分「アセチルヘキサペピチド-8」配合なので
時間が経ってもカサカサした感じにならず艶感が!
SPF値が25なので日常使いには問題なし。
かなりこの仕上がりが気に入りました!

IMG_2278




IMG_2879








KohGenDoのキャンペーンに参加中[PR]

今回、以前から泊まってみたかった
アンテルーム京都に
宿泊したのですがとても素敵ホテルでした。
至る場所アート…!!
バーも良い雰囲気だし
朝御飯もメイン3つから2つ迄好きなものが選べて
あとはビュッフェという方式。
どれも美味しかったです。

IMG_0009


IMG_0010


IMG_0059


IMG_0287


IMG_0282


IMG_0286



2日目は東山で籠盛ランチを食べて
三十三間堂や養源院、京都国立博物館、智積院などへ。
IMG_0356



IMG_0376


IMG_0649


京都国立博物館内の茶室で開かれていた
呈茶にも入ることができました。
狐の嫁入り茶碗…!
IMG_0400




IMG_0415



IMG_0412


市役所のほうに移動して
オークラのバーで休憩。
IMG_0472


IMG_0483


夜はイカリヤで美味しいイタリアンでした。
濃厚海老リゾットがまた食べたい。
IMG_0492


IMG_0488


IMG_0496



IMG_0509


グランディア京都は
部屋からホームが見えるのでテンションあがりました。

IMG_0513



IMG_0517



帰りは手毬鮨と甘鯛寿司。
IMG_0548



このページのトップヘ